研究内容紹介

 成人・老年看護学分野はライフサイクルにおける青年期・壮年期・老年期を経て死にいたるまでの長期的なスパンにおける人を対象とし、健康障害の経過としての急性期、慢性期、回復期・リハビリテーション期、ターミナル期における多様な健康問題と看護ケアを研究課題領域としている。研究テーマは①がん看護に関する看護の専門性に関する研究,②糖尿病患者のセルフケアに関する研究,③高齢者特有の褥瘡や排泄ケア等の老年症候群やフレイルにおける新たな予測,予防ケアに関する研究,④急性期病院における認知症高齢者ケアに関する研究,⑤がん患者会の経時的変化に関する研究,⑥福井県のがん患者会・サロンのネットワーク構築に関する研究,⑦自立を促す車椅子移乗動作に関する研究,⑧実習にケアリングを導入するための基礎的研究,⑨看護技術熟達化のための教育方法の開発に関する研究などを実施した。また、文部科学省研究補助金により,寝たきり高齢者の褥瘡予防のための圧分散と寝床内環境調整を加味したシーツの開発(基盤研究C),エコーを用いた大腸内部の定量的評価による便秘時のアセスメント方法とケア基準の開発(挑戦萌芽研究),がん化学療法看護における専門的看護チームアプローチの組織行動的解明(基盤研究(C)),実習にケアリング教育を導入するための基礎的研究(基盤研究(C))を実施した。

【業績年の進捗状況】
 がん看護では、壮年期にあるがん患者の認識、がん看護専門職の役割と看護実践、高齢がん患者が在宅で療養生活を続けるための支援のあり方について、がん化学療法における家族支援と専門的チームアプローチ、がん患者会の経時的変化、福井県のがん患者会・サロンのネットワーク構築について研究し、成果を発表した。慢性期看護については、脳腫瘍患者のケアの現状と課題、2型糖尿病患者のセルフケア能力、高齢糖尿病患者の支援、リハビリテーション看護では、下肢や体幹の支持性が低下した患者の自立を促す車椅子移乗動作に関する研究を発表した。老年看護としては、急性期病院における認知症高齢者ケアとして,退院支援への取り組み,効果的な院内デイの実践について,高齢者の便秘状態のアセスメントおよびケア方法,褥瘡予防マット使用における姿勢の変化について研究し成果を発表した。これらの研究に関して科学研究費補助金や学内競争経費への申請に努め、基盤研究(C)、挑戦萌芽研究、さらに学内競争経費など採択数の増加を図った。これらの成果をさらに推進し看護学基礎教育に反映している。
 また、文部科学省「地(知)の拠点整備事業」の一環として、「外来がん治療における多職種連携に関する研究 -支援の必要ながん患者のスクリーニングと多職種連携について-」「地域で生活するがん患者・家族の為の患者会・サロンのネットワークの構築」「福井市と連携した糖尿病予備軍への指導と学生参加型教育」「福井市の糖尿病予防に係る支援・評価と学士・修士課程における糖尿病教育への授業展開」のテーマで地域と連携した研究や活動を行っている。

【特色等】
 がん看護において、がん患者・家族・医療従事者が参加する患者会(みのり会)や親睦会(なごみ会)を定期的に開催し、加療・療養中の患者・家族の身体的・精神的支援を行っている。また、年に3回成人看護学研究会を開催している。そこでは大学院生を中心にさまざまな施設から看護師や教員が集まり、臨床や教育における課題をテーマに理論学習や事例検討を行っている。

主要研究テーマ

体圧分散寝具使用時のベッドメーキングの違いがエアマットレスの圧再分配機能に及ぼす影響

体圧分散寝具使用中のシーツのコーナー処理法によっては,ハンモック現象が生じ圧再分配を妨げると言われているが,実証はされていない。そこで本研究は,シーツのコーナー処理法の違いが,圧再分配機能に影響しているか殿部モデを用いて評価した。結果,コーナー処理をすることによって,シーツをかけたのみ(処理なし)と比較して1.8倍圧が上昇することがわかった。このことから,体圧分散寝具使用時はコーナー処理をしないまたは,緩めて敷くことが圧に影響しないことが明確となった。

寝たきり高齢者の褥瘡およびスキンテアを予防するシーツの開発

スキンテア(外傷性創傷)は,高齢者の脆弱化した皮膚に些細な摩擦やずれを起こすことによって発生するといわれている。そこで,シーツやリネンの素材も発生リスクになると考え,これまでの褥瘡研究の成果をもとに,褥瘡だけでなくスキンテアを予防するシーツやリネンの開発を地元福井の企業と取り組んでいる。2種類の生地が選択され,一般的に使用されている綿(平織り)に比べて,摩擦係数・ずれ力も低いことがわかった。現在,寝床内環境試験中である。

ウレタンフォームマットレスのへたりと褥瘡発生の関係

褥瘡予防用マットレスであるウレタンフォームの劣化が体圧に影
響すると言われており,日本褥瘡学会のガイドラインにおいてもマットレスの劣化の確認が推奨されている。本研究ではウレタンフォームマットレスのへたり度と体圧分散に及ぼす影響,褥瘡発生の関係を調査した。臀部のへたりがもっとも大きく,体圧も新品マットレスよりも2倍以上かかっていることが明確となった。また,褥瘡発生率はへたりマットレス使用56.3%で,新品マットレス使用では20.0%にまで減少した。このことからも,ヘタリの確認の必要性が明確となった。

超音波画像(エコー)を用いた高齢者の便秘状態の定量的評価方法

高齢者や在宅療養者をケアする看護師は,排便コントロールのケアを行う頻度が高いと共に各自の判断がケアに直結している。そこで,大腸内部の便の状態を可視することで,内服の調整や浣腸の適応を迅速かつ適切に判断できると考え,大腸内部の状態をエコーによって描出し,腸内に停滞する便の硬さやガスの定量的評価の可能性を示唆した。現在も画像の定量化とケア基準開発にむけて継続中である(国内特許出願中)。

福井県内のがん患者会・サロンのネットワーク構築に向けての取り組み

福井県内のがん患者会とサロンの横のつながりは皆無の状態であった。各患者会・サロンに呼びかけ代表者が定期的に集い「病院間の垣根を越えたがん患者・家族・支援者の交流会」開催やネットワーク会議を重ねることで、代表者間につながりができ、受け身の姿勢から前向きな姿勢へと変化してきている。交流会の開催後のアンケート結果では、初めての場所、初対面であっても同じ体験者同士で互いに語り合えたことは、参加者の喜びや安心につながっていた。今後は活動の場を広げていくと共に、更なる患者力の強化を図っていく。